2013年11月29日

「地を渡る舟」を終えて−舞台写真C

舞台写真で振り返る「地を渡る舟」Cぴかぴか(新しい)

★★★

〈出演〉

福田 温子
今泉 舞
箱田 暁史
石村 みか (以上てがみ座)
 
古河 耕史
近藤 フク (ペンギンプルペイルパイルズ)
生津 徹
多根 周作 (ハイリンド)
七味 まゆ味 (柿喰う客)
松角 洋平

原 扶貴子
中村 シユン

青山 勝 (劇団道学先生)

★★★

撮影/伊藤雅章

(禁 無断転載)

★★★

2013_1120tegamiza0347.JPG

2013_1120tegamiza0350.JPG

2013_1120tegamiza0353.JPG
福田温子/古河耕史

2013_1120tegamiza0354.JPG
古河耕史/福田温子

2013_1120tegamiza0356.JPG

2013_1120tegamiza0361.JPG
福田温子

2013_1120tegamiza0359.JPG
古河耕史

2013_1120tegamiza0365.JPG
中村シユン

2013_1120tegamiza0374.JPG
中村シユン/古河耕史

2013_1120tegamiza0379.JPG
今泉 舞

2013_1120tegamiza0392.JPG
生津 徹/古河耕史/青山 勝

2013_1120tegamiza0394.JPG
青山 勝

2013_1120tegamiza0397.JPG
石村みか

2013_1120tegamiza0398.JPG
石村みか/青山 勝

2013_1120tegamiza0408.JPG

2013_1120tegamiza0413.JPG
「――行けるところまで。この地面を。」

2013_1120tegamiza0422.JPG
中村シユン

2013_1120tegamiza0423.JPG

2013_1120tegamiza0425.JPG

★★★

舞台写真で振り返る「地を渡る舟」いかがだったでしょうか。
稽古を重ねる間に過ごしたすべての景色が、この舞台を創るのに欠かせない時間でした。

ここまでの旅の軌跡を胸に焼き付けて、
私たちはまたそれぞれの場所で、この先へと旅立ちます。

修正全体写真P1020980.jpg

ご観劇くださいました皆さま、本当にありがとうございました!!ぴかぴか(新しい)
posted by てがみ座 at 00:04| Comment(0) | 稽古日誌

2013年11月28日

「地を渡る舟」を終えて−舞台写真B

舞台写真で振り返る「地を渡る舟」Bぴかぴか(新しい)

★★★

〈出演〉

福田 温子
今泉 舞
箱田 暁史
石村 みか (以上てがみ座)
 
古河 耕史
近藤 フク (ペンギンプルペイルパイルズ)
生津 徹
多根 周作 (ハイリンド)
七味 まゆ味 (柿喰う客)
松角 洋平

原 扶貴子
中村 シユン

青山 勝 (劇団道学先生)

★★★

撮影/伊藤雅章

(禁 無断転載)

★★★

2013_1120tegamiza0237.JPG
中村シユン

2013_1120tegamiza0246.JPG

2013_1120tegamiza0247.JPG
古河耕史/中村シユン

2013_1120tegamiza0258.JPG
「列島が、発光する。」

2013_1120tegamiza0266.JPG
古河耕史/青山 勝

2013_1120tegamiza0270.JPG
青山 勝/原扶貴子/今泉 舞/多根周作

2013_1120tegamiza0277.JPG
近藤フク/今泉 舞/青山 勝/箱田暁史

2013_1120tegamiza0282.JPG
七味まゆ味/多根周作/古河耕史/松角洋平

2013_1120tegamiza0302.JPG
原扶貴子/青山 勝

2013_1120tegamiza0312.JPG
古河耕史/近藤フク/生津 徹

2013_1120tegamiza0315.JPG
多根周作/古河耕史

2013_1120tegamiza0317.JPG
七味まゆ味

2013_1120tegamiza0324.JPG
青山 勝

2013_1120tegamiza0326.JPG

2013_1120tegamiza0338.JPG
古河耕史/今泉 舞

2013_1120tegamiza0346.JPG
「――それがわしの民俗学、」

……Cに続く。
posted by てがみ座 at 23:57| Comment(0) | 稽古日誌

「地を渡る舟」を終えて−舞台写真A

舞台写真で振り返る「地を渡る舟」Aぴかぴか(新しい)

★★★

〈出演〉

福田 温子
今泉 舞
箱田 暁史
石村 みか (以上てがみ座)
 
古河 耕史
近藤 フク (ペンギンプルペイルパイルズ)
生津 徹
多根 周作 (ハイリンド)
七味 まゆ味 (柿喰う客)
松角 洋平

原 扶貴子
中村 シユン

青山 勝 (劇団道学先生)

★★★

撮影/伊藤雅章

(禁 無断転載)

★★★

2013_1120tegamiza0124.JPG
福田温子/古河耕史

2013_1120tegamiza0082.JPG
古河耕史

2013_1120tegamiza0144.JPG
松角洋平

2013_1120tegamiza0149.JPG
箱田暁史

2013_1120tegamiza0150.JPG
松角洋平/今泉 舞

2013_1120tegamiza0152.JPG
今泉 舞

2013_1120tegamiza0155.JPG
七味まゆ味/松角洋平/今泉 舞

2013_1120tegamiza0158.JPG
七味まゆ味/今泉 舞

2013_1120tegamiza0172.JPG
多根周作/七味まゆ味/原扶貴子

2013_1120tegamiza0176.JPG

2013_1120tegamiza0178.JPG
箱田暁史/近藤フク

2013_1120tegamiza0198.JPG
古河耕史/生津 徹

2013_1120tegamiza0201.JPG

2013_1120tegamiza0210.JPG
多根周作/古河耕史/福田温子

2013_1120tegamiza0212.JPG

2013_1120tegamiza0217.JPG
石村みか

2013_1120tegamiza0222.JPG
青山 勝

2013_1120tegamiza0234.JPG
「――空の端から燃えていくようじゃ。」

……Bに続く。
posted by てがみ座 at 23:44| Comment(0) | 稽古日誌

「地を渡る舟」を終えて―舞台写真@

てがみ座 第9回公演「地を渡る舟」、無事に終演いたしました。
ご観劇いただいた皆さま、またお心をお寄せくださった皆さま、本当にありがとうございました。
関わってくださったすべての方に。心から御礼申し上げますぴかぴか(新しい)
この大きな挑戦に挑むことが出来たのは、皆さんが居てくださったから。
本当にありがとうございました!

Twitter等でもたくさん感想を挙げていただきました。
http://togetter.com/li/592837

短い期間の公演でした。
いつかまたこの舞台を皆さまにお届け出来ますように。

さて、写真家 伊藤雅章さんから舞台写真が届きました!
追って舞台を振り返っていきたいと思います!

★★★

〈出演〉

福田 温子
今泉 舞
箱田 暁史
石村 みか (以上てがみ座)
 
古河 耕史
近藤 フク (ペンギンプルペイルパイルズ)
生津 徹
多根 周作 (ハイリンド)
七味 まゆ味 (柿喰う客)
松角 洋平

原 扶貴子
中村 シユン

青山 勝 (劇団道学先生)

★★★

撮影/伊藤雅章

(禁 無断転載)

★★★


2013_1120tegamiza0002.JPG
原扶貴子/今泉 舞

2013_1120tegamiza0007.JPG
古河耕史/今泉 舞

2013_1120tegamiza0015.JPG
青山 勝/古河耕史

2013_1120tegamiza0022.JPG
今泉 舞

2013_1120tegamiza0024.JPG
「アチック・ミューゼアム 1935」

2013_1120tegamiza0029.JPG
多根周作

2013_1120tegamiza0044.JPG

2013_1120tegamiza0047.JPG
箱田暁史/近藤フク/松角洋平

2013_1120tegamiza0063.JPG
七味まゆ味

2013_1120tegamiza0076.JPG
「足半及び草鞋の内部構造について」

2013_1120tegamiza0079.JPG

2013_1120tegamiza0082.JPG

2013_1120tegamiza0086.JPG

2013_1120tegamiza0115.JPG
青山 勝/古河耕史

2013_1120tegamiza0118.JPG
近藤フク

2013_1120tegamiza0119.JPG
近藤フク/古河耕史

……Aに続く
posted by てがみ座 at 23:35| Comment(0) | 稽古日誌

2013年11月17日

稽古日誌☆原扶貴子さん

みなさん、こんにちは!
早いもので、気づけばもう小屋入り前日です。
今回は男たちの骨太な物語。
てがみ座前回公演『空のハモニカ』とはまったく別のテイストを楽しんでいただけるかと思います!って、てがみ座劇団員のようなコメントをしてしまいました、客演の原扶貴子です。
♪恋も二度目なら〜♪なんて歌われるように、客演も二度目ともなると、いろいろと慣れ慣れしくなるのでしょうなぁ、いや、打ち解けているというべきか。

さてこの時期ともなれば、二度目の参加だろうが初お目見えだろうが、まぁみんなと打ち解けておるわけです。
そんな中、ハイリンドの多根さんは、長らく顔見知りであったものの、現場でご一緒するのは初めて。

IMG_9683.jpg

稽古初期の頃、幼少を過ごしたのがともに兵庫県姫路市であることが判明。姫路ではいわゆる関西弁とは少し違う播州弁というのが話されるのですが、姫路人のもつ関西弁に対するコンプレックス、姫路銘菓/玉椿など、ごく局地的な感覚で意気投合。
そしてなにより、多根さんの笑い声がとてもいいのです。
インテリな風をまとった好青年からくりだされる、アハハハハハ!という屈託のない小学生のような笑い方。これこそギャップ!!
この笑い声を聞くために、多根さんに話しかけてしまうのです。

そんな多根さんは、芝居中でとっても素敵なセリフをおっしゃいます。
どうぞご期待ください。
さらには、小学生の笑い声は聞けるのか(笑)
どうぞ刮耳して聞くべし!!!

まもなく本番、
たくさんのみなさまのご来場をお待ちしていますね!!!
posted by てがみ座 at 10:40| Comment(0) | 稽古日誌